画像ファイル読込、書込み imread、imwrite - OpenCV、Python徹底解説

 

{{DZ_TITLE}}
OpenCVで簡単にイメージファイルの読込、書込みの方法です。

基本形

画像読込

import cv2
img = cv2.imread( 'test.jpg')
img = cv2.imread( 'test.jpg', cv2.IMREAD_GRAYSCALE)

画像保存

import cv2
cv2.imwrite( 'test.jpg', img,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY, 50])
cv2.imwrite( 'test.jpg', img)
cv2.imwrite( 'test.png', img)

サンプル

import cv2

# 画像の読込
img = cv2.imread( 'test.png')

# 画像の保存
cv2.imwrite( 'test.jpg' ,img)

カラーと、グレースケールについて

読込時にグレースケールに変換可能です

第2引数に cv2.IMREAD_GRAYSCALE を入れることでカラー画像ファイルでもグレースケールとして読込めます。

import cv2
img = cv2.imread( 'test.png' , cv2.IMREAD_GRAYSCALE)

カラーとグレースケールのデータの違いについて

カラーと、グレースケールでは内部の形式が違います。
shapeを見ていただくと以下のように形式が違う事が判ります。
カラーの場合、R,G,Bそれぞれデータを持っていますが、
グレースケールでは、カラーの様にデータを3種類もつ必要がないためです。
カラー:(y,x,3)
グレースケール:(y,x)

import cv2
img = cv2.imread( 'test.png' , cv2.IMREAD_GRAYSCALE)
print(img.shape)
(480, 640)
import cv2
img = cv2.imread( 'test.png' )
print(img.shape)
(480, 640, 3)

関連

Python - OpenCV徹底解説

おすすめ記事

SEO対策として、セキュリティー対策ソフトでチェック
SEO対策として、セキュリティー対策ソフトでチェック
動画ファイルの読込 - OpenCV、Python徹底解説
動画ファイルの読込 - OpenCV、Python徹底解説
スクレイピング - Python徹底解説
スクレイピング - Python徹底解説
Django テンプレート 使用 #1
Django テンプレート 使用 #1
国土地理院 標高タイル テキスト版を使って、ディズニーシーのプロメテウス火山を可視化
国土地理院 標高タイル テキスト版を使って、ディズニーシーのプロメテウス火山を可視化
プログラムは独学が良いか、スクールが良いか?【無償カウンセリング、無料体験あり】
プログラムは独学が良いか、スクールが良いか?【無償カウンセリング、無料体験あり】
Supponsered

外部サイト
↓プログラムを学んでみたい場合、学習コースなどもおすすめです!

Comments

comments powered by Disqus